読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローカル開発環境で Gradle から モック SMTP サーバを起動する

gradle

小ネタです。
ローカル開発環境でメール送信のテストをしたいけど適当な SMTP サーバがない場合に、Gradle から モック SMTP サーバを起動する方法です。

build.gradle

repositories {jcenter()}
configurations {tools}
dependencies {tools 'com.github.tntim96:fakesmtp:2.0'}

task startMockSmtpServer(type: JavaExec) {
    classpath = configurations.tools
    main = 'com.nilhcem.fakesmtp.FakeSMTP'
}

起動

./gradlew startMockSmtpServer

Fake SMTP Server という GUI のアプリケーションが起動します。
[サーバ起動]のボタンをクリックするとサーバが起動します。
行をクリックすると関連付けされているメーラでメールを開くこともできます。

github.com

以上

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Gradle徹底入門 [ 綿引琢磨 ]
価格:4104円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)